商品紹介

商品紹介

リキュール&焼酎

単式蒸留焼酎 あますことなく(粕取り)

【2020年春】サスティナブルな焼酎が出来上がりました

泉橋酒造は、「酒造りは米作りから」の信念のもと原料米の栽培から醸造まで一貫して取り組んでおります。しかしながら、そのモロミを絞った後に出来上がる酒かすが余る問題。この酒粕はお酒のうま味や酒精(アルコール)がまだ沢山詰まった貴重な副産物、この貴重な副産物を最後まで楽しまなければ、お米やお酒を育んでくれた大いなる太陽や水、そして、自然に失礼なのではないか、と常に考えていました。

そこで、遅ればせながら、純米酒(純米大吟醸、純米吟醸を含む)を絞った後の酒粕を原料に単式蒸留した「粕取り焼酎」を限定ですが、発売します。

この粕取り焼酎は、弊社の酒かすからのみの製造となりますので、総数量が3,000ℓ程度(原酒33%換算)と限定品となります(次回は秋を予定)。

焼酎の製造方法においては、蒸留方法(アルコール分を取り出す方法、一旦酒粕を熱してアルコールや水分を気体に変化させ、またすぐに冷して液体に戻すこと)による味わいの差も楽しむポイントのひとつです。この場合は、どんな状態(圧力)、どんな温度帯で熱するのかが楽しむポイント。これは、様々なメーカーで、常圧蒸留や減圧蒸留などと呼ばれています。

泉橋酒造のこの焼酎は、「真空減圧蒸留法」という原料の風味を生かし、綺麗で、かつ、深い味わいが出来上がる技法で酒粕を蒸留しています。

ポイントは、蒸留容器内の空気を抜き(真空)にして、マイクロ波の照射により低い温度(30~40度程度)で酒粕の中のアルコール分を気化させ、すぐにマイナス温度で冷却して焼酎とする新しい方法です。これにより、クリアに原料の芳香・味わいを焼酎の中に表現できます。

 

米作りから行う”栽培醸造蔵”の泉橋酒造としては、この技法が相応しいと考え採用しました。

 

米作りから酒造りまでの物語。その最後のひとしずくまで、“あますことなく”楽しむ幸せを愛飲家の皆様とともに。

 

 

  • アルコール度数

    25
商品一覧へ戻る