槽場直詰め 純米生原酒

1/27午前 亀の尾(自社田栽培)の純米酒(山廃仕込み)のモロミを酒槽(さかふね≒モロミを搾ってお酒と酒粕に分離する装置)でしぼっています。その絞っている最中に一部を直接酒ビンに詰めていることろです。

f:id:izumibashi:20110224010838j:image

f:id:izumibashi:20110224010837j:image

ほとんど酸素に触れず、ピチピチとしたうまれたての味わいです。しかしながら、今年からこのお酒は山廃仕込みにしsたため、いままでよりグッと旨みがあり、やわやかな酒質になっています。ビックリ!

この槽場直詰め 純米生原酒は、これからラベルを張って『いづみ橋のとんぼラベル4号』として出荷します。

カテゴリー 美味しい話, 蔵元日記.
ページトップへ