いづみ橋が優等賞受賞 @東京国税局 H30酒類鑑評会

優等賞受賞 @東京国税局 H30酒類鑑評会

昨日は嬉しい日でした。

おかげさまで、東京国税局主催の「平成30年 酒類鑑評会 表彰式」の「純米吟醸の部」ではじめて「優等賞」を頂きました。

弊社はオール純米蔵になったのは平成18酒造年度から。そして、それに先立って鑑評会用の出品酒を「大吟醸」から「純米大吟醸」に切り替えたのは、すべてを純米醸造に変える5年ほど前から。しかし、技量が足らず「吟醸清酒の部」に純米大吟醸を出品しても入賞は難しかったので、その後は 出品自体をしばらく止めていました。そして、その分、米作り、純米・生酛造りに専念していました。
ここ数年は、生酛造りの純米大吟醸を出品していましたが、さすが東京国税局!鑑評会についに念願の「純米吟醸酒の部」を創設。
これは好機と若くなっていた社内の勉強の意味も含め、醸造を開始、2年目の今期の受賞となりました。毎年のように確実に入賞を果たしている立派な蔵も沢山あるなかで少し恥ずかしい所もありますが、うちの蔵としては大切な一歩、嬉しく思っています。
若い社員蔵人達は頑張っています。彼らが自ら栽培した米が優等賞です。おめでとう!

詳細は以下国税局のHPより http://qq4q.biz/N4Oz

 

 

カテゴリー お知らせ.
ページトップへ