生酛の新酒の発売です

いづみ橋 生酛 黒蜻蛉 春生のご紹介です。

 0057-1

桜が早かったと思ったら、冬並みの寒さに逆戻り、でもようやくはっきり「春」と言えそうですね。

春は芽吹きの季節。筍、蕨、山独活、蕗、ほろ苦い風味のものが美味しい季節。春は苦いものを食べて体の中を山菜などに含まれる苦味成分が老廃物を出しやすくしてくれます。
あわせるのはやっぱり日本酒。フレッシュな生原酒がよいですね。

いづみ橋 生酛仕込み 生原酒「春生」。「はるき」と読みます。
原酒なのでボリュームありますが、綺麗でバランスよいお酒です。

1800ml詰 3600円(税込)、720ml詰 1800円(税込)

カテゴリー お知らせ, 美味しい話, 蔵元日記.
ページトップへ