生もと

2/22は、泉橋酒造にとって初挑戦の生もと仕込みの純米酒の上槽日(※)でした。その出来栄えは、日本酒度+13なのに、きめ細かなで上質な酸、アミノ酸があり、旨い、といった感じです。もちろん、この日の晩酌は生もとでした!

 そんな夜19時の晩酌のさなか、酒販店さんでただひとり年末に行った山卸作業を体験された本厚木の寿屋・榎本さんが、今日が上槽と聞き、得意先のお蕎麦屋の岩沢ご夫妻をつれて見学に来られました。そして、奥様が上槽中の生もとの試飲されて、この笑顔でした。

f:id:izumibashi:20110224002554j:image

(写真)岩沢さんご夫妻。どんな味わいに感じられたのでしょうか?お店に行って聞いてみてください。

いづみ橋の生もとのお酒は秋に発売予定です。

蕎酒季菜 玄武庵(げんぶあん)

相模原市緑区橋本 3-20-17  橋本駅北口徒歩5分

TEL 042-703-3341

※上槽とは、モロミを絞り、生原酒と酒粕にわける作業です。

カテゴリー トンボの輪, 蔵元日記.
ページトップへ